くるまひこうきレジャーはたらくくるま

 

 

mic-o-micは、ドイツの著名なデザイナーであるクラウス・ミクリッツの魅惑的な美しいデザインにより、ヨーロッパおよびアメリカで数々のアワードを受賞しているドイツのユニークなアートパズル玩具メーカーです。mic-o-micのデザイン会社であるミック・デザイン・プロダクション社のオフィスは、ドイツののどかなシュツットガルト近くに位置するSchwaebisch Gmuendにあります。
今までにない全く新しい発想の知育玩具として日本にやってきました。
 
mic-o-mic(ミックオーミック)の3D立体組み立てパズルは、ぬくもりのある上質な質感、鮮やかなカラーリング、ゆるやかで美しい形状など、今まで手にしたことのない不思議な魅力があります。
 

 

カラフルな基本パーツどうしは、軟質のジョイントチップを使い、蝶つがいやバネのように利用して、ピン(ボルト)で固定しながら、プラモデルのように楽しく組み立てていきます。柔らかすぎず堅すぎず微妙な手触りの各パーツは角がなく大切なお子様の知育玩具としてお役に立てるものと思います。
何度も分解して楽しむこともできますし、一度、完成したフォルムはとても魅了的で、そのままお部屋や出窓のインテリアとして飾っていただくこともできます。 カッターや接着材などを一切使用することなく組み立てていけますのでお子様にもたいへん安全です。
小さなパーツがありますので対象年齢は6才以上ですが、お子様だけでなく幅広い年齢の方にきっと楽しんでいただけるアイテムだと思います。

mic-o-mic(ミックオーミック)は、1985年の会社設立より20年以上にわたり、ヨーロッパを中心にすでに200万個以上が販売されてきましたが、1995年には、世界の優れたデザインを選ぶドイツのiF Industrial Forum Design Hannoverのデザインアワードも受賞しています。昨年より正式に販売が開始されたアメリカでは、そのフォルムの美しさもあり、著名なト-イアワードをつぎつぎに受賞しています。

mic-o-mic(ミックオーミック)のアイテムは単なる玩具としての価値だけでなく、アートとしての側面でも評価されはじめております。本年度は、MoMAの愛称で知られるニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art in New York)や世界の4大美術館であるボストン美術館(The Museum of Fine Arts in Boston)などでの企画展示や販売も予定されています。

品質管理と安全性についてはこちらをご覧ください。


TOPページサイトマップ個人情報保護方針当サイトについて
mic-o-micについて品質管理と安全性について